ページ

2013年2月27日水曜日

【イベント開催報告】RockTheVoteトークショー


アメリカの若者啓発団体であるRockthe Voteのアマンダさんが緊急来日!

ということで、
2月8日にアメリカ大使館主催でドットジェイピーYouthCreateが共催という形でイベントを主催しました。



このイベント開催までのの成り行きも面白く、YouthCreate代表の原田が以前アメリカ大使館の方と話をした際に、
RocktheVoteみたいなアメリカの若者啓発団体を日本に呼んで一緒にイベントする事が出来たら凄く面白いと思いますよ」
と提案した所それが現実となったとのです^^

イベントはざっくり3部構成となっていて、

1)アメリカ大統領選挙の仕組みの説明
2)ゲストスピーカーであるアマンダさんの講演
3)代表原田がコーディネーターとなり、観客のみなさんと一緒にアマンダさんと意見交換



さて、
みなさん、いきなりですが何故アメリカの大統領選挙があんなに長い期間行われているかご存知ですか?私は、アメリカの選挙制度について全くの無知であったのでドットジェイピー山本さんのプレゼンはとても助かりました。
〜アメリカ大統領選挙の流れ〜 
(1:30弱でアメリカ大統領選挙について解説してくれている動画です。)

こんな感じでアメリカ大統領になるというのは、気が遠くなるほど長い道のりであり、戦略に戦略を重ねて長丁場の大統領選に挑むわけです。また、日本とアメリカの選挙システムで大きな違いは、アメリカでは投票するために有権者登録が必須であり、実はこれが大きな障壁となっているのです。


第二部では、いよいよアマンダさんの講演の始まりです。30分間という短い時間ではありましたが、彼女自身がRocktheVoteで活動する意味を始め、なぜ若者の政治参加が必要なのか、またどのように若者にアプローチをして政治と若者の接点を作ったのか、などなど、ご自身の経験に基づき様々なお話をして下さいました。また経験談を話して頂いただけではなく、彼女のプレゼンには、若者に対する多くのメッセージが込められていたので、ここで少し紹介させて下さい。


若者の政治参加がなぜ必要であるのか。というトピックを話されていた時、
It is true the number of young people in Japan is decreasing, but what we do is really meaningful and valuable because we are the future!”Dream Big and Make it happen!"
(確かに日本の若者の人口が減っているのは事実だけれども、私たちがこうして活動し若者一人一人が行動に起こす事はとても大切なのです。なぜなら、私たち若者は未来そのものだから。大きな夢を持ち、それを実現させましょう!)

アマンダさん、こんな事をさら〜と言ってしまうんです。カッコいい。。素敵!アマンダさんは、若者の未知なる可能性を心から信じ活動されているのだなと感じました。事実、アメリカではミレニアム世代の人口割合が年々増加していて若者の政治参加の重要性が増しているんです。私たち若者が未来を作り、支えていくのだから投票に行き、国民みんなで決断をすべきなのだな。と、国民としての責任だったり、若者の可能性を考えさせられました。

*こちらの動画はアマンダさんの講演の様子です。

さてさて日本では、まもなくネット選挙が解禁となりそうですが、アメリカではずっと昔からインターネットやその他のテクノロジーは選挙には欠かせない大切なツールなのです。またアマンダさんも、多くの若者と接点を作り、それを維持するためにテクノロジーの存在は欠かせない!と断言しており、日米の選挙活動やシステムの違いを痛感しました。


観客の皆さんからアマンダさんへの質疑応答の場である第三部では、観客席から、またネット上で多くの質問が飛び交いとても有意義な時間となりました。皆さんの質問を全てご紹介する事は難しいのでいくつか気になったものをピックアップさせて頂きました。

*こちらの動画は、Q&Aの様子です!

まず皆さん、アメリカの大統領選挙の投票率と日本の衆議院議員選の投票率、どちらが高いかご存知ですか!



意外!と思われる方も多いかと思いますが、アメリカ大統領選の投票率って案外低いんです。

じゃーそれはなぜなのか、アマンダさんに聞いたところ、
「アメリカの選挙期間というのは1年以上もかかる長丁場、その間ひっきりなしにキャンペーンに関わるテレビコマーシャル、電話やメールでのアポ、などが日常茶飯事に身の回り起こると疲れて、飽きて、そして選挙に対する関心が薄れてしまう。。」


という、意外な回答をもらいました。逆に日本では選挙期間が短くて投票率が下がると思っていたけれども、長過ぎても良い結果は生むとは限らないんですね。

最後に、
Rock The Voteのような団体がない日本ではどうすればいいでしょうか?」
という会場からの質問に対してアマンダさんは、

「大きな組織だから全てにおいて優れているという訳ではなく、もっと地域レベルの小さなコミュニティーがあったら良いのでは?」

とおっしゃっていました。地域の関わりや繋がりというのは、とても大切な物で、そこから生まれるムーブメントはきっと私たちの生活にとても良い影響を与えてくれると思うから。と、素敵な笑顔で締めくくって下さいました。

今回のイベントを通じて私自身、YouthCreateのメンバーとして活動する事の意味を再認識し、またこのトークライブイベントが大きなモチベーションとなりました。確かに日本にはRocktTheVoteのように若者と政治をつなぐ大きなコミュニティーはないけれども、私たちYouthCreateが様々な活動を通じて皆さんにとって、そのような存在になれたら幸いです^^


※今回のイベントの前の個別での意見交換会の内容をBLOGOSさんが記事にしてくださったので、
こちらも見てみてください!!

「若者は未来そのもの」 米NPO「Rock the Vote」幹部が語る「若者の政治参加を高める方法」