ページ

2013年7月6日土曜日

参議院選挙にむけて

カバー写真

参議院選挙が7月4日にスタート!
 
21日までの長い選挙戦が始まっている。


今回の選挙の注目点は3つ
1.今後2016年までの政治動向を決める選挙
  昨年の衆院選後できた安倍政権。「アベノミクス」に象徴されるように積極的に様々な施策を打っています。この選挙は安倍政権の7カ月を総括することは大事ですが、それ以上に将来にわたっての見極めということもあります。
 この選挙が終わればおそらく2016年まで国政選挙はないでしょう。
 その意味でも各党の政策をみくらべ、将来を見据えて投票に行く必要があります。
 
2.インターネット選挙運動解禁
 ご存じのとおりこの参議院選挙から「インターネットを使った選挙運動」が解禁されました。
 昭和25年制定の公職選挙法が初めて大幅に変わる選挙。
 大きな1歩ではありますが、「インターネットと政治」の最初の1歩
 今回の選挙の結果をきちんと検証し、今後の選挙・政治活動について見守る必要があります。

3.投票率
 昨年行われた衆議院選挙は戦後最低の投票率。59.32%
 今回の選挙も低投票率が心配されています。 
 原因は色々とあるとは思いますが、民主主義の根幹である選挙、そしてその結果誕生する政治  家。
 これらは有権者がきちんと意見をあげ、作る必要があります。


YouthCreateでも選挙まで引き続き様々な企画をうち、少しでも選挙が盛り上がるよう、尽力を尽くします。

代表
原田謙介