ページ

2014年4月22日火曜日

中野区学生議会最終発表会

2月から開始した中野区学生議会も最終発表会という一つの山場を迎えました。この日は中野区内外より多くの参観者が来場しました。

最終発表会は1チームが持ち時間10分で政策を発表し、それを会場の全員が審査し投票するという仕組みです。



チーム「AIUEY」
まず1チーム目はチーム「AIUEY」です。
AIUEYでは学生の力を行政に活用する「学生インフォーマーズ制度」を政策として発表しました。中野区学生議会の趣旨に沿った、学生を重視した政策です。

チーム「クルトン中野」
2チーム目は「クルトン中野」。このチームは中野をアニメの聖地化してPRしようという政策を発表しました。他地域の事例をよく参考にして緻密な発表を行いました。

チーム「イケ澤」
3チーム目はチーム「イケ澤」。まちづくり事業用地活用についての政策を発表しました。区の用地を区民目線で有効活用するという、新しい市民参画の形の提案です。

チーム「Develop "men's"」
4番目のチーム「Develop "men's"」では防災に強い街を掲げる政策を発表。木密地域、空き家問題について、チーム内でよく連携した発表を行いました。

チーム「五輪」
最後の発表、チーム「五輪」は東京オリンピックを念頭に、外国人観光客の誘致政策を発表。無線LAN整備、スマートフォンアプリの整備などの具体例を、わかりやすく発表しました。
佐藤郁さんの講評
全ての発表が終わり、三人の講評者による講評に移りました。明治大学専任講師の佐藤郁さんよりの講評です。各チームに対して丁寧なアドバイスをいただきました。

田森亮さんの講評
杉並区まちづくり推進課の田森さんからのご講評です。学生が街づくりに真剣に取り組む姿勢に評価をいただきました。

鳥居憲太郎さんの講評
最後の講評は、最初から中野区学生議会の企画に協力いただいた東京青年会議所中野区委員会の鳥居委員長です。当初からの準備の推移も踏まえての厳しいご意見とともに、一つ一つの政策について詳細な講評をいただきました。

立石さんによる結果発表
共催団体であるNPO法人ストリートデザイン研究機構の立石理事から結果発表を行いました。

最優秀賞のチーム「Develop "men's"」
最優秀賞は中野の防災力協会について発表したチーム「Develop "men's"」でした。最優秀チームは中野区長選公開討論会への参加権利を得ました。

原田代表理事
最後は弊会の原田代表理事が「第2回中野区学生議会」の開催を発表して、弊会の言葉としました。


今後、中野区学生議会は最優秀チームを中心に中野区長選公開討論会への参加に向けて、最後の仕上げを行っていきます。

●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●
HP:http://youth-create.jp/ 
Facebookページ:https://www.facebook.com/YouthCreate 
Twitter:https://twitter.com/YouthCreate_PR
メルマガ配信中!!
 http://www.mag2.com/m/0000282073.html
寄付等で活動を支援してくださる方はこちらよりおねがいします。
 http://youth-create.jp/donation/
 
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●