ページ

2015年1月13日火曜日

【第2回中野区学生議会】中野を「選ばれる」街に!~学生スタッフの想い①

こんにちは。 中野区学生議会運営スタッフ、渉外担当の鹿倉佑太です。

 今は、大学のある八王子と中野とを行き来しながら、来るべきキックオフに向けて、運営スタッフの一人として準備をしています。 

|参加者から運営スタッフへ 


私は前回の第1回中野区学生議会では、参加者として臨みました。
私を含めて約20名の学生が5チームに分かれて、フィールドワークを行い、また、メンターと呼ばれる指導者の先輩の協力を得ながら、「中野まちづくりプラン」を作成しました。

 私たちのチームは4人。チームでは「中野を住む場所として選ばれる街にしよう」というコンセプトで、紆余曲折を経ながら最終的に「選ばれる街」に不可欠な防災・防犯の問題に取り組むことにしました。そして、防災・防犯の観点から近年問題となっている「空き家」の問題に着目し、まちづくりプランを作成しました。


 チームで作成した政策を発表する中間報告会・最終報告会の前日は、チームメンバーの家でほぼ徹夜で準備をしました。その甲斐もあって、最終報告会では優勝チームに選ばれました。 

優勝チームへの特典として用意されていたのは、中野区長選挙の公示日直前に開催される公開討論会に登壇して、区長選挙立候補予定者と議論をする権利。
最終報告会から1ヶ月もの間、中野区内を自転車で周り、また空き家問題に積極的に取り組む自治体や地方議員を訪ね、空き家対策について政策を練っていきました。



迎えた公開討論会では、中野駅前の広場で中野サンプラザの方向を向いて、マイクを使って区長候補の3人と思い切り討論しました。 緊張のせいか用意されていた15分はあっという間に過ぎました。 

1月にキックオフイベントが行われてから5月30日の区長選公開討論会までの約4ヶ月間は私にとって新たなチャレンジの連続でした。チームで決めたテーマに基づきプランを立てて、主体的に様々な調査をし、政策を作ることができました。大変な時もありましたが、今となっては本当に貴重な経験を数多く積むことができた4ヶ月間であったと実感しています。 

|第2回学生議会は魅力がいっぱい!




今年2月から始まる、第二回中野区学生議会。今度は運営スタッフ側として、参加学生のフィールドワークやプラン立案をサポートしていきます。 中野区学生議会は、「学生の街」中野で学生が声を挙げ、行政や政治に取り上げられる場を提供します。さらに優勝チームには中野区長または行政担当者と討論をする権利が用意されています。

自治体の長へ学生らしい自由な発想を区長にぶつけてみませんか?
第1回の経験者として参加者の皆さんを全力でサポートします。 2月7日のキックオフに向けて、まだまだ参加者を募集中です!中野やまちづくりに対する興味関心を深めたい方、普段の学校生活だけでは学べないことを経験したい方、学校の枠を越えたつながりを作りたい方、ぜひ参加してみませんか?

スタッフ一同お待ちしています!!


第2回学生議会公式ホームページ
http://nakanokugakuseigikai.wix.com/nakanokugakuseigikai

第1回学生議会の様子はこちらから
http://youthcreate.blogspot.jp/search/label/%E4%B8%AD%E9%87%8E%E5%AD%A6%E7%94%9F%E8%AD%B0%E4%BC%9A




●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●
HP:http://youth-create.jp/ 
Facebookページ:https://www.facebook.com/YouthCreate 
Twitter:https://twitter.com/YouthCreate_PR
メルマガ配信中!!
 http://www.mag2.com/m/0000282073.html
寄付等で活動を支援してくださる方はこちらよりおねがいします。
 http://youth-create.jp/donation/
 
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●