ページ

2015年11月16日月曜日

【開催報告】東京都、中野中学校での模擬選挙



YouthCreateでは18歳選挙権の実施に向けて、中高生向けのプログラムの実施を進めています!
先日は、東京青年会議所、中野区選挙管理委員会と協力し、事務所のある中野の、区立中野中学校で模擬選挙を実施しました!
何年後かに訪れる、大事な1票を投じる瞬間。
その瞬間を中学生に体験してもらいました。

いつもと違う雰囲気にみんな緊張した様子からスタート
まず、はじめに授業の説明から!
今回の模擬選挙のテーマは…“公園”!!
三者三様の地域の公園の整備計画を持ち寄った三人の候補者。
まず1人目が目指す公園は、親子で楽しめる公園。
遊ぶ子供と見守る親にむけて、地面の芝、フェンス代わりの樹木、屋根付きのテーブルとベンチを整備するようです。

そして2人目は、なんと!遊べる公園!
野球サッカー用グラウンドにナイター設備、大型遊具を整備し、徹底的に“遊ぶ”ことにこだわる公園を目指すようです。
最後、3人目は、硬派!災害に強い公園!
ソーラー発電の街灯、災害用トイレと食料備蓄、屋根付きベンチを整備し、災害時に市民を守る公園をつくるようです。
上3人の候補者による演説を実際に聞いて、
どんな公園を望むのか、考えを整理し、そして、悩む。
いよいよ実際の投票用紙と投票箱を使っての投票タイム!
選挙管理委員会の方による集計の間に、
次は、グループディスカッション、“隣の友達は何を考える?”
どんな基準、選び方で候補者に投票したのか、考えをグループでシェア。
同じくらい生きてきて、同じ中野区で、毎日同じように学校に通っている、隣の友達とでも、違う考えが生まれる。そんな体験をしました。
 そして緊張の結果発表では拍手が起こりました!
結果発表の次は、選挙管理委員会の方による選挙に関する講話。
選挙のあれこれをみんな真剣に聞いていました。
続いて、次のグループディスカッション“色んな立場の意見を考えよう!”
自分の考えから少し遠ざかってみて、お年寄りや子育てママなどの立場に立ってみました。
その立場の人は、どのような人か?どのような公園を望むだろうか?自分と意見は変わるだろうか?
これも同じように考えをグループでシェアしてみました。
街には、色んな立場、境遇の人がいます。
もちろん、政治には多様な人が関わります。
その中で、多くのことを一度に決める選挙という瞬間があります。
そして、選挙以外でも、政治では、話し合い、説得、妥協を重ねる“合意形成”が行われています。
2016年からの、18選挙権時代!
若者の声、そして力が求められています!
というメッセージをみんなに伝えて、中野中学校での出前授業は終了しました!
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●
HP:http://youth-create.jp/ 
Facebookページ:https://www.facebook.com/YouthCreate 
Twitter:https://twitter.com/YouthCreate_PR
メルマガ配信中!!
 http://www.mag2.com/m/0000282073.html
寄付等で活動を支援してくださる方はこちらよりおねがいします。
 http://youth-create.jp/donation/
 
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●